2006年03月20日

イチローとヒデ

ここへ来て昨日の準決勝 韓国戦の視聴率が50%を越えるという大きな盛り上がりを見せるWBCですが、いよいよ明日は決勝のキューバ戦を迎えます。

これまでの道程を振り返るとトップ通過確実と見られていたアジア一次予選で韓国に敗れて2位通過。続く二次予選ではアメリカ、韓国に共に一点差で敗れ、1勝2敗となりましたが失点率で0.01アメリカを上回りベスト4進出!そして昨日、三たび韓国と対戦し、上原以下、投手陣の好投と終盤の代打采配が当たり集中打で韓国にリベンジを果たしました。

ここまで紆余曲折の大会を引っ張ってきたのは紛れもなくイチロー選手。チームキャプテンではありませんがこの大会にかける熱い思いを語りながら常にチームを鼓舞し続け、先頭になって王JAPANを引っ張ってきました。

そんなイチローですがこの大会を通じて今までと少し印象が変わったと思いませんか?プレー中はいつものクールなイチローですがベンチ内の様子や記者会見での発言は喜怒哀楽をはっきりと表してこの大会に掛ける強い思いが感じ取れます。

私は以前からイチローとサッカーのヒデ(中田選手)はなんとなく似てるなぁと思っていました。どちらも日本を代表するトップ選手でありカリスマ性を持ち、若者達のファッションリーダーでもある、更に周りの人が近寄りがたいオーラを持っていてマスコミにはなかなか本音を語らず感情や本音も表に出さないタイプ。なんか似てますよね?

そのイチローがWBCでは、感情を思いっきり表に出している。まるで自らをさらけ出すように・・・それが周りの選手のモチベーションまでも高めて好循環を呼びチームは試合を進めるごとに結束が強くなり、日本の決勝進出に繋げ、日本で応援する人たちに予想以上の注目をさせたのだと私は思うのです。

プロのスポーツ選手として個人の成績を残し魅せるプレーはレギュラーシーズンのリーグ戦であり、WBCやワールドシリーズのようなく絶対に負けられない戦いの場では勝ちにこだわり闘志を全面に出す!プロスポーツ選手の新しいあり方をWBCを通じて教えて貰ったような気がします。

この6月にはサッカーのワールドカップがドイツで開かれます。苦戦が予想される今大会ですが、ヒデにイチローの姿をダブらせて自らをさらけ出し、勝負師の顔となったヒデを見てみたいと思うのは私だけだろうか?・・

決戦前の一句
「イチローに プロのあり方 感じけり」
posted by modoki at 23:52| Comment(4) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

アウェイ山形戦 5連敗でストップ!

やりましたよ〜!コンサドーレ札幌はアウェイでモンテディオ山形に1−0で勝利!し、念願通り山形で「好きですさっぽろ」を大声で歌ってきました!yamagata.jpg

朝6:30に品川をバスで出発し、12:30に到着。ピッチ外には未だ雪が残るべにばなスポーツパークで行われた山形戦でしたが、アウェイ戦は5連敗でストップをかけました。
私は今季初の生観戦だったのですが、久々にストレスのかからない好ゲームを観ることが出来たかな。
勝因は・・・
○去年より集中力を維持出来る時間が長くなったこと
○中盤のプレスが早く相手ボールを奪えたこと
○関と芳賀の両サイドを上手く使えたこと
○GK林の安定したセービング


だと思います。特に今季から入った右MFの芳賀は砂川→西谷への交代後は左サイドもこなし器用だし、個人的にはこの試合のMVPだと思います。

その芳賀の後半37分のFKは直接ゴールだと思うんだけどゴール前で反応した相川が「プレーに関与した」と取られてオフサイドを取られたんでしょうね。相変わらず決定力には不満があるけどフッキ不在の中で勝ち点3を取れたのは大きい!
明後日には愛媛FC戦、土曜には横浜FC戦と続きますが、3連勝の可能性も見えてきました!といったらここ数年はがいつも足元を救われてるので、とにかくこの日のようなサッカーを今シーズンはたくさん展開出来ればおのずと結果がついてくるでしょう!
あ〜気持ち良かった!

今日の一句
「やりきれば 自ずと結果は ついてくる!」
posted by modoki at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本 三度目の正直で韓国を撃破!決勝へ!

WBC準決勝 日本対韓国は 日本時間で本日12:00よりサンディエゴで行われ、日本が予選から通して三度目の対戦で宿敵韓国を撃破しました!

この試合、序盤から前回までの2試合の流れを引きずるかのように6回までは日本 上原、韓国 ソ・ジェウンの好投で緊迫した投手戦。動きがあったのは7回。先頭打者の松中が激走でツーベース!松中はベースを叩き、前打席までの好機で凡打を悔しがる。続く多村は送りバント失敗で嫌な流れだったがこれを断ち切ったのは代打の福留。目の覚めるようなライナーを左中間へ叩き込み2点を先制!その後、動・した韓国投手のガッツ小笠原へのデッドボールから畳み掛ける攻撃で一挙5点!8回には汚名挽回をすべく多村が左中間へスタンド放り込み、計6点。上原の後を藪田、大塚が危なげなく繋ぎ6−0の完封勝利でした!

いや〜それにしても日本シリーズや甲子園大会よりドキドキハラハラしながらTVで野球を観たのは初めてです。なんでも韓国では民放TVは全て実況という力の入れようとか。ソウルの広場でも2002のサッカーワールドカップ並の該当応援になるかもしれないとのことでした。
日本に対して、もの凄いライバル心を燃やす韓国に完勝できたのはこれまでの二敗を吹き飛ばすものでした。

大会の運営や誤審問題があったり、更には二次リーグで韓国に敗退後、国旗をマウンドに立てられるという屈辱的な行為を目の当たりにさせられた日本選手たちが、勝利後も大げさな喜びを表現しなかったのは「俺たちは韓国に勝つのが目標ではない!目標はもっと高い所にある!」という無言の表現しているようで観ている方は誇らしかった!

ちなみに二塁塁審を努めたデービッドソンは、この日は何事も起こしませんでした。(まさか、決勝には出て来ませんよね?)

さて、いよいよあさっての決勝はキューバ。アマチュア界では、無敵の強豪に最強メンバーを集めた日本がどう挑むか?戦いが進むにつれてチームは上昇機運。悔いの残らないベストゲームが繰り広げられることを期待してます!

嬉しい一句
「三度目で 宿敵韓国 突き放す!」

posted by modoki at 21:44| Comment(0) | TrackBack(4) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

明日は山形戦!

さて、WBCが想像以上の盛り上がりを見せている中でJ2は明日第3節を迎えますが、コンサドーレ札幌はアウェイでモンテディオ山形と対戦。私は今季初の参戦で山形へ他の重症なサポーターと共にバスで向かいます!

フッキが前節の退場で3試合の出場停止、更に開幕から右MFとして先発出場していた芳賀が足の指を痛めたとのことでメンバーが若干入れ替わるようですが、48試合の長丁場を乗り切るにはこれぐらいのことでレベルが落ちてはいけません。なんとか来週末までの3連戦(山形・愛媛・横浜FC)を乗りって勝ち点を積み上げ、上位をキープして欲しいものです。

期待は芳賀に代わって出場が予想されている藤田征也。今季、札幌ユースからトップへ昇格した期待の新人です。昨年の高円宮杯でインターハイ王者の青森山田を撃破した時のミドルシュートは鳥肌がたちました!で、ボランチには個人的に一押し鈴木智樹、トップには石井謙伍といった布陣もありそうなのでユース出身の若手トリオの活躍を楽しみにしてます!

さて、明日は6:40品川出発ということは、5:30には家を出なきゃならないのかぁ、しかも列車のダイヤが明日から改正だっていうじゃない。早起きが一番心配だなぁ・・

明日へ気合の一句
「山形で 好きですサッポロ 歌いたい」
posted by modoki at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサドーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アナハイムの悲劇が奇跡に!

WBC 2次リーグ最終戦 アメリカーメキシコ は1−2でアメリカ敗戦!

「メキシコの2得点以上の勝利」という日本が準決勝に進出するためには一縷の望みしかなかった試合でした。
メキシコは予選敗退が確定していましたが「3連敗は許されない!」という意地がアメリカの「絶対に勝たねば!」というプレッシャーに打ち勝ったのでしょう。しかも、またしてもホームランがツーベースになるという疑惑の判定があったにも拘らず、勝利したことは賞賛に値します!

それにしても、日本の準決勝進出を確定させたのは皮肉なことにアメリカ戦での「サヨナラ負け」にあるようです。総失点はアメリカと並ぶのですが失点率では、日本がアメリカに9回ではなく「8回2/3」で負けたということがポイントとなりました。

ということで皆さん!メキシコ方向に頭を下げましょう! 

奇跡の一句
「ありがとう!メヒコよ本当に ありがとう!」
by日本全国野球ファン
posted by modoki at 12:45| Comment(3) | TrackBack(12) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

王JAPAN 惜しくも韓国に惜敗・・

勝てば準決勝進出が決まるWBC二次リーグ最終戦の韓国戦でしたが、惜しくも1−2で敗戦となりました。

試合は両チームの投手の好投で7回までは緊迫した投手戦で先取点を挙げたのは韓国。8回にヒットと二塁打で2点を先制。日本は最終回に先頭打者の西岡の本塁打で1点差に迫り、1死後、松中もヒットで出塁も後続の新井、多村が三振に取られゲームセット!(のようです。ネットの速報なので・・・)

この結果、韓国の準決勝進出が確定しました。メジャー選手を揃えた韓国投手陣が素晴らしかったと認めざるを得ませんね。

さて、残る対戦相手は、明日のアメリカ対メキシコ戦の結果次第となりました。アメリカが勝利すれば準決勝進出、メキシコが勝てばアメリカと日本を含めて1勝2敗となり失点率の争いとなります。

昨日のブログでは負けは想定外だったので詳しく書きませんでしたが、この場合はまず、メキシコは既に6失点で日本の5失点を上回るので脱落。アメリカは日本に3点取られてますのでメキシコに2失点以上の敗戦だと日本の進出になるのだと思います。

韓国に連敗したのはショックですが、僅かな望みが残ってます。明日はメキシ応援で「メヒコ!メヒコ!」と叫びましょう!

「メキシコの 意地に 望みを託します」

posted by modoki at 23:04| Comment(0) | TrackBack(3) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

センバツ組み合わせ決定!

さてさて、今日は昼からWBCでのメキシコ戦の勝利に沸いてる訳ですが、その一方で第78回選抜高校野球大会(甲子園球場)の組み合わせ抽選会が行われました。
組み合わせ表を眺めながら北海道生まれの横浜在住者として、かなりのひいき目でみたベスト8ゾーンでの有力校予想をしてみました

まず、最初のブロックですが、秋の関東大会を制した成田が有力。
第2ブロックは秋の近畿大会準優勝の智弁和歌山

第3ブロックでは、1回戦屈指のカード、川角君を有する横浜と近畿大会を制した履正社がいきなり激突ということでここの勝者が勝ち抜くでしょう
第4ブロックは難しいなぁ・・ダース投手を有する関西と東京大会優勝で久々の出場となる早実が有力だと思いますが、、駒大苫小牧の辞退によって出場となった北海道栄も駒大苫小牧と同じ胆振地区の代表として意地を見せて欲しい!

続いて第5ブロックは駒大苫小牧と秋の北海道大会で1点差の好ゲームを演じた旭川実を道産子としては応援したい。対戦相手となる北大津の試合を秋に観戦しましたが、高校生らしい好感が持てるチームで大阪桐蔭を接戦で破った時の喜びようが目に焼きついているので応援ているチームです。
第6ブロックは強豪が集まりました。昨年の夏に旋風を巻き起こし秋の九州大会も制した清峰、激戦区神奈川代表の東海大相模、昨夏の全国準優勝でエース北岡君が残る京都外大西。どこが来てもおかしくないですが昨夏に神奈川代表の桐光学園が京都外大西に敗れたので東海大相模を応援したいです。

第7ブロックですが、ここはもうPL学園でしょう!
最後の第8ブロックは東北を制した秋田商に頑張って貰いたいです。

さてさてどんなドラマが起きるのか!23日の開幕が待ち遠しいです!

「センバツの ハツラツプレーが 春を呼ぶ」
posted by modoki at 20:38| Comment(2) | TrackBack(10) | 目指せ!甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WBC二次リーグメキシコに快勝!

疑惑の判定があった初戦のアメリカ戦を落とし、後が無い日本はメキシコと対戦。松坂の好投、里崎の本塁打などでメキシコに6−1で快勝しました!

この結果、準決勝進出国は最終戦へ持ち越しとなり、韓国が優位な状況となりました。仮に最終戦でアメリカが勝利すると仮定した場合、最終戦で日本が負ければ、韓国とアメリカが進出。
日本が勝った場合は韓国、日本、アメリカの3チームが2勝1敗で並び「失点率」での勝負となります。
この時、両チーム6得点以内(6−5など)で日本が勝てば日本と韓国が準決勝進出。韓国は日本に負けても6失点までなら失点率でアメリカを上回るため、進出が決まる。日本は、韓国を5失点以内に押さえて勝てば日本と韓国が進出が決定。
日本が6失点で勝利の場合は、韓国に2点以上の差をつけて(8−6など)勝てば日本とアメリカの進出が決定。

一番ややこしいのは日本が7−6(9イニング)で韓国に勝った場合。この場合は、韓国、日本、アメリカの全てが当該チーム同士の対戦で失点が10になる。そうすると勝負の行方は「当該チーム間の試合における1イニングあたりの自責点が少ないチーム」ということになるのでエラーや四死球の多さがキーポイントですね。

それから仮に韓国に負けてもメキシコが3得点以上でアメリカに勝てば、日本の準決勝進出が決まるはずですが、そこまでの検証はプロのマスコミの皆さんにお任せします(笑)。
なんだかややこしくなってきましたが、要は「明日韓国に5失点以内で勝てばいい」(まとめ)ということです。

ということで
「本当の 勝負はここから 王JAPAN!」
posted by modoki at 12:02| Comment(0) | TrackBack(22) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

スポーツ博士検定試験結果!

今月の5日に日刊スポーツが60周年記念事業として国立競技場で「スポーツ博士検定試験」なるものを開催し、138人が挑戦されたようです。

80点以上をとると「スポーツ博士」の称号が得られ、合格者はわずか10人!
出題は野球・サッカー・スポーツ一般・バトルの各分野25問づつの計100問。ちなみに最高点は83点。平均点は65.65点とのことでした。

この試験問題が6日の日刊スポーツ紙面に掲載されていて携帯電話で回答すると後日採点が届くというのでガチンコ(予習・調査なし!)でチャレンジしてみました。その結果が今日、届いた訳ですが・・・
野球 13点
サッカー16点
スポーツ一般20点
バトル8点

の計57点という散々な結果でした。60点以上は取れると思っていたのですがなかなか難しいものですね〜。
答案の受付は終了してますが、ここから問題を取得出来ます
ので興味のある方はチャレンジしてみては?

スポーツ系のブログを開いたからには次の機会があれば80点を目指すぞぉ!


今日の一句
「スポーツで せめて取りたい 博士号」
posted by modoki at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

WBCに苦言!

いよいよWBCの二次予選リーグが始まりました。プール1の日本は初戦でアメリカと対戦。イチローの先頭打者ホームラン、川崎のタイムリーで先行しましたが、6回にアメリカに追いつかれて9回サヨナラで3−4で初戦を落としました。

で、この試合で問題となっているのが8回のタッチアップの件。確かにVTRで見る限り明らかな誤審であり、せっかくの好ゲームを台無しにしました。でも私がそれ以上に言いたいのはこの誤審の問題より大会の審判団の件。

何でも、今大会の審判団はメジャーリーグではなく、マイナーリーグの担当審判らしいのです。これってどうなんでしょう?サッカーに例えると一国の2部リーグの審判がワールドカップの審判をやるようなものですよ!ここに問題があると思うんですよね。

それと、大会のシステムにも一言!二次リーグで対戦したチーム同士で何故、再び準決勝をやるのか!
移動によるコンデションの問題か運営コストの問題か知りませんが、普通は異なるグループとのたすき掛け(1位×2位)ですよね。この大会の方法だとへたすりゃ、1次・2次・準決勝と同じチームと3度対戦することになるのですよ。ファンはいろいろな国との対戦を観てみたいし、そうやって世界一を決めて欲しい!

大会が予想以上の盛り上がっているだけに次回は選手も審判も事務局も一流を目指して真の世界一を競う大会にして欲しいものです。

今日の一句
「一流の 審判あっての 世界一!」
posted by modoki at 23:33| Comment(0) | TrackBack(2) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。