2006年03月27日

エクアドル戦を前にして

トリノ五輪、WBC、センバツ、プロ野球開幕と国内を盛り上げるスポーツイベントが続き、次に日本中を熱狂させるであろうと思われるイベントが6月に開催されます。
そう、ドイツで開催されるサッカーのFIFAワールドカップです。
wcup.jpg
2002の日韓大会後、ジーコが築き上げた日本代表の成果が試される大会になります。

欧州でプレーする日本人選手も増えて前回以上の成績を!と大きな期待がかかる訳ですが、正直な所、私は今回のW杯は惨敗に終わるのではないか?と思ってます。

もちろん私だって結果を出して欲しいですよ!
でもね、ちょっとジーコのチームの作り方は日本人に合ってないんじゃないかと思うんですよ。

トルシエ前監督はデフェンスに「フラット3」を導入し、最終ラインと前線の距離を短くコンパクトにして最終ラインをずるずる下げないという戦術を徹底しました。攻撃については決定力が少ない分、FWに鈴木や柳沢という運動量の多い選手を配置し、中田、森嶋、稲本、三都主といった中盤を含めた細かなパスで攻撃を展開し、絶対的エースが不在でも戦える戦術を作り上げました

これに対してジーコのやり方は選手の個性を重視するが故、大きな決め事も特になく、ある程度自由にやらせていることがテストマッチを含めた試合ごとに出来の良し悪しがはっきりしすぎている。
守備は4バックをやったり3バックをやったりで一貫性がないし、攻撃も中盤は一見、豪華な顔触れではあるけれど連携はうまく取れないし、相変わらず決定力のあるFWが居ない。
久保を買っているようですが、腰に爆弾を抱えて代表での実績も少ない。更にジーコ一番のお気に入りの柳沢が骨折と・・こんな状況を見ていると勝てるような気がしないのです。

本当にこのやり方でいいのだろうか?
協会は前回以上の結果を出すには違うやり方が必要と考えているのだろうが、日本チームにはこのやり方は馴染まないと思う

野球のWBCを見て改めて思ったけど、優秀なメジャーリーガーが集まった国々に韓国、日本というアジア勢が勝てたのは「スモールベースボール」という足を絡めた攻撃で1点1点を確実に取り、きっちりと守り抜くという「どんな相手でも自分達の戦い方を通す!」という強い信念と戦略があったからだと思うのです。

だからサッカーも個々の能力では4年前より上かもしれないけれど、「日本はこう戦うんだ!」という明確な戦術と信念が無ければ日本人の性格では結果を出すのは難しいのではないでしょうか?

30日にはエクアドル戦がありますね。国内組を中心としてジーコジャパンがどんな戦い方をするのか楽しみであるとともに、またがっかりさせられるのでは?と複雑な心境です。。

「代表に 寿人、長谷部と 今野呼べ!」って思うのは私だけ?

posted by modoki at 22:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

王JAPANが世界の頂点に!

注目のWBC決勝戦!日本は10−6でキューバを下し、初代王者という偉業を達成しました。
wbc.jpg

この試合、初回に4点を先制するもすぐさまホームランで1点を返され、「これまでの試合のような投手戦とは違うな」という雰囲気が序盤から感じられました。その後日本は2点を追加し、5回から松坂から渡辺という必勝リレーを狙いましたが、6回に川崎、渡辺に守備のミスが出た所をつけ込まれて2失点。
更に8回には2ランホームランで1点差に迫られるという嫌なムードの中、最終回に川崎のサードゴロがキューバのエラー(記録はヒット)と西岡のプッシュバントで拡げたチャンスをイチローがキッチリ返し、川崎の好スライディングで突き放す。更に追加点を挙げた日本はキューバの反撃を大塚が1点に抑え、悲願の世界の頂点に立ちました!

この大会、普段はあまりプロ野球を見ないのですが「国対国」の真剣勝負にドップリはまってしまいました。3月21日が祝日で良かったぁ〜!

今大会のMVPは松坂のようですがイチローや上原など皆が素晴らしい活躍でした!本当におめでとう!

さて、私が感じた今大会の表彰は次の通り。

(個人的)MVP:「メキシコチーム」
あなた達のスポーツマンシップがなければ、この快挙は成し得ませんでした。

(個人的)敢闘賞:「韓国チーム」
予選で2度敗れたことがチームはもちろん日本国民の心にも火をつけました。日本でこれだけ大会が盛り上がったのは間違いなく韓国チームおかげです!

(個人的)最優秀演出賞:「ボブ・デービッドソン」
誤審問題がクローズアップされましたが、ポジティブな見方をすればアメリカ戦でのタッチアップが得点となっていたら9回に追いつかれ、更に得点を取られていた可能性もあった訳でそうなると失点率で上回れなかったかもしれない。また、メキシコの闘志に火を付けたのも間違いなくあなたです!

まだまだ、問題が多い大会でしたが今は素直に「世界一」を喜びたいです!

祝福の一句
「世界一! CONGRATULATIONS! 王ジャパン!」

posted by modoki at 23:04| Comment(0) | TrackBack(4) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

イチローとヒデ

ここへ来て昨日の準決勝 韓国戦の視聴率が50%を越えるという大きな盛り上がりを見せるWBCですが、いよいよ明日は決勝のキューバ戦を迎えます。

これまでの道程を振り返るとトップ通過確実と見られていたアジア一次予選で韓国に敗れて2位通過。続く二次予選ではアメリカ、韓国に共に一点差で敗れ、1勝2敗となりましたが失点率で0.01アメリカを上回りベスト4進出!そして昨日、三たび韓国と対戦し、上原以下、投手陣の好投と終盤の代打采配が当たり集中打で韓国にリベンジを果たしました。

ここまで紆余曲折の大会を引っ張ってきたのは紛れもなくイチロー選手。チームキャプテンではありませんがこの大会にかける熱い思いを語りながら常にチームを鼓舞し続け、先頭になって王JAPANを引っ張ってきました。

そんなイチローですがこの大会を通じて今までと少し印象が変わったと思いませんか?プレー中はいつものクールなイチローですがベンチ内の様子や記者会見での発言は喜怒哀楽をはっきりと表してこの大会に掛ける強い思いが感じ取れます。

私は以前からイチローとサッカーのヒデ(中田選手)はなんとなく似てるなぁと思っていました。どちらも日本を代表するトップ選手でありカリスマ性を持ち、若者達のファッションリーダーでもある、更に周りの人が近寄りがたいオーラを持っていてマスコミにはなかなか本音を語らず感情や本音も表に出さないタイプ。なんか似てますよね?

そのイチローがWBCでは、感情を思いっきり表に出している。まるで自らをさらけ出すように・・・それが周りの選手のモチベーションまでも高めて好循環を呼びチームは試合を進めるごとに結束が強くなり、日本の決勝進出に繋げ、日本で応援する人たちに予想以上の注目をさせたのだと私は思うのです。

プロのスポーツ選手として個人の成績を残し魅せるプレーはレギュラーシーズンのリーグ戦であり、WBCやワールドシリーズのようなく絶対に負けられない戦いの場では勝ちにこだわり闘志を全面に出す!プロスポーツ選手の新しいあり方をWBCを通じて教えて貰ったような気がします。

この6月にはサッカーのワールドカップがドイツで開かれます。苦戦が予想される今大会ですが、ヒデにイチローの姿をダブらせて自らをさらけ出し、勝負師の顔となったヒデを見てみたいと思うのは私だけだろうか?・・

決戦前の一句
「イチローに プロのあり方 感じけり」
posted by modoki at 23:52| Comment(4) | TrackBack(1) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

ボスニア・フ%#▲ ̄×戦

さて昨日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦。なんともアナウンサー泣かせの国名ですね。
結果はご存知の通り2−2のドローということで最悪の結果は免れた訳ですが、
ボスニアのモチベーションの高さに驚かされました。

当初、この日はアジアカップ予選のサウジアラビア戦が組まれていたはずですが、9月に延期となり、急遽対戦が決まった相手でした。しかも、相手はワールドカップ予選に敗退しているにも係わらず、もの凄い気迫でした。
ボスニアの選手達はバカンスの予定でもあってキャンセルした反動しょうか?
更に現地は平日の昼間であるにも係わらず大勢のサポーターが駆け付け発炎筒は焚くは爆竹は鳴らすはで「日本はなにか悪いことしたかぁ!」って感じで、親善試合の域を超えてましたね。
まぁ、そんなことはどーでもいいんですが、ゲーム内容についてはいろんな方々の見方があるでしょうからあえて書きません。

<ボスニア戦で分かったこと> 
@国の名前が難しい
Aボスニアサポーターは平日の昼間の親善試合でも他国へ行くほど熱い
B選手はデカくてテクニックもある。
Cあのモチベーションの高さなんなんだ?
D強豪相手では4バックで三都主は使えない。。


さて一句・・
「すらすらと ヘルツェゴビナと 言えますか?」
posted by modoki at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。