2006年04月07日

神奈川県春季大会展望

センバツが終わったばかりなのに早くも県大会です。神奈川県高校野球春季大会の組み合わせが決定しました。春のセンバツを圧倒的な強さで頂点に立った横浜と準優勝の清峰と延長14回の激闘を演じた東海大相模は推薦出場で3回戦から登場。

第1シードは昨夏の甲子園出場校で秋季県大会でもベスト4の進んだ桐光学園と同じくベスト4に進んだ桐蔭学園となり、明日から5月4日の決勝へ向けて熱戦が展開されます。

組み合わせ的には有力校が各ブロックに散らばった感じなので、前述した4校を中心とした展開が予想されます。そんな中でもセンバツ優勝の横浜が頭一つ抜け出しているでしょう。投攻守に全くスキが無く、あえて言えばセンバツ優勝による精神的な油断しか考えられません。但し、横浜ナインも甲子園での準々決勝以降と同じ戦いが継続して出来るとは思えないし、県内の高校の方が「横浜対策」を充分に立ててくるので番狂わせも充分考えられます。甲子園の1回戦で対戦し、1失点で抑えた履正社の戦い方がヒントになるでしょうか?。

これに続くのが同じく甲子園組の東海大相模。
昨夏の甲子園準優勝校で、メンバーも残る京都外大西を破り、清峰と接戦を演じたことは自信にもなっているだろうし、力は間違いなく全国級。「打倒横浜」という明確な目標もあってベスト4は堅いところでしょう。

この2校に全くひけを取らない力を持っているのが桐蔭学園。
練習試合で天理や東北、日大三を破り、地区予選3試合を50得点で失点0というのは脅威です。久々に強い桐蔭学園が見られそうです。

さて、この3校と比較するとちょっと出遅れている感があるのが桐光学園。
でもなんだかんだいっても、ここ10年くらいは必ず上位に顔を出し、県大会での勝率は横浜と肩を並べます。それと新戦力となる1年生に有望な選手が目白押しらしいので夏の大会へ向けてまずはシード獲得。ベスト4まで進んで横浜と対戦すれば、夏の大会は決勝まで横浜と当たりません。そうなると昨年も秋春と連敗していた慶応
に夏に雪辱し、夏へ向けた調整には定評がある桐光学園が伸びしろも4チーム中1番じゃないかな?

これらに続く有力校としては横浜商大・慶應・平塚学園・横浜隼人あたりでしょうか?
いずれにしても全国トップレベルであり、最激戦区でもある神奈川県大会に注目したいと思います。

「神奈川を 制して夏も 頂点へ!」
posted by modoki at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 目指せ!甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

横浜が清峰に勝ち8年振り頂点へ!

春のセンバツ大会決勝が4日阪神甲子園球場で行われ、横浜が長崎県勢として春夏を通して初めて決勝へ進んだ清峰21−0という大差で下しました。
yokohama.jpg
今大会の横浜は1回戦で昨秋の近畿大会を制した履正社を1−0、2回戦では離島からの代表として話題となった八重山商工に終盤に追い上げられるも7−6と苦しみながら勝ち進んだが準々決勝以降はエース川角君とリリーフの浦川君の安定したピッチングと本来の調子を取り戻した福田君を中心とした繋がりのある打撃で危なげなく勝ち進んだ。

一方の清峰は初出場ながらエースの有迫君を中心とした守りとここ一番でのシャープな打撃で甲子園優勝経験校である岡山東商、東海大相模、PL学園という強豪を次々と下す快進撃で横浜に挑みましたが力及ばず・・
しかしながら昨夏の古川君を中心としたチーム以上のインパクトを我々に与えました。

今大会を振り返ると1、2回戦は投手戦や1点差の僅差のゲームが多かったのですが、準々決勝以降は点差が開く大味なゲームが多い大会となりました。

それにしても準々決勝以降の横浜の爆発ぶりはもの凄いですね。
各校の力の差は得点差ほどはないと思いますが、高校生はちょっとしたきっかけで想像以上の力を発揮するということを改めて認識した大会でした。

横浜が優勝したことで夏の大会に向けて神奈川県内の有力各校のマークは厳しいものになるでしょう。神奈川は今大会に出場した横浜、東海大相模以外にも桐蔭学園、桐光学園、慶應、横浜商大など有力校が目白押しで春の甲子園で優勝しても夏の予選大会を勝ち抜くのは容易なことではありません

まずは夏のシードを目指して来週から春の県大会が始まるので、横浜・東海大相模の甲子園組がどういう戦いをするのか注目したいと思います!

「伝統が 新進気鋭を 一概す!」
posted by modoki at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 目指せ!甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

センバツも終盤へ

プロ野球セ・リーグも開幕し、いよいよ本格的な野球シーズンに入りましたが、甲子園での春のセンバツはいよいよ大詰めとなってきました!

一昨日のブログで「感動したスポーツ」について書いたのですが、この中に「早稲田実−関西」の2日間、24イニングに渡る激戦を加えたかったなぁ。ニュースや新聞で試合展開を知っただけでシビれる、そしてドラマチックなゲームでした。

負けた関西は昨夏の2回戦で京都外大西に7回まで6点のリードをしながら8,9回に逆転された、その雪辱を何としても晴らしたかったと思います。

延長となった最初の試合の9回の攻撃にその雪辱の一端が見えましたが、ノ−アウト満塁の好機を逃して惜しくも及ばず・・続く再試合も最後の最後で勝利の神様から見放されてしまいました。さぁ、今度の夏!足りなかったものを取り戻しに再び甲子園で勇姿を見せて下さい。

そして早実。斉藤君の3連投445球の投球はアッパレです。甲子園で優勝するには3連投というのは良くあることですが、延長15回を含んでるから実質は4連投に近い!

昨日は横浜の前に力尽きたけど、今度はベストコンディションで横浜と戦う試合を見たいです。

さて、今日にもベスト4が出揃い、頂点が見えてきた訳ですが「横浜とPL学園」での決勝の匂いがプンプンするなぁ・・・

「平日に 決勝戦とは もったいない・・」
posted by modoki at 11:01| Comment(0) | TrackBack(2) | 目指せ!甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

センバツ7日目 クロスゲーム続出!

センバツ7日目。これまでは投手戦が多かったですが、この日は一転して点を取り合うクロスゲームが続出!特に第3試合の関西−早稲田実は好ゲームになるとは思ってましたが、再試合になるとはビックリです。史上2度目の出来事のようですね。勝ったチームは3連戦になります。春先だけに体調管理が心配ですが、両チームともベストを尽くして欲しいです。

で、私が注目していた今日の第2試合。横浜対八重山商工は7点を先行した横浜を八重山商工が追い上げましたが一歩及ばず7-6で横浜高校が辛くも逃げ切りました。

それにしても八重山商工の粘りは賞賛に値しますね。エースの大嶺君ではなく金城君を先発させ、横浜相手に7点取られたら普通は諦めてもしかたがない。横浜を良く知る神奈川県の高校ならばほとんどがそう思うはず

でも八重山商工ナインは違った。横浜に対する先入観なんて全くないんでしょうね。5回以降は大嶺君が横浜打線を完璧に抑え、6回に本塁打で1点を返すと8回には6連続安打で一挙5点を返すビッグイニングで勢いは完全に八重山商工。

最終回にも一打サヨナラのチャンスをつくりましたが、横浜は8回に川角君をリリーフした浦川君が冷静に後続を打ち取り横浜の勝利となりました。

安打数では6本の横浜の倍以上の14本の安打を打ち、どちらが勝ってもおかしくないゲームでした。
勝因は、継投のタイミングの差と甲子園の経験の差だったような気がします。
八重山商工!話題だけでなく実力も本物の素晴らしいチームでした!また夏に甲子園に来てくれよ!
yaeyama.jpg

「石垣の 夢と勇気を ありがとう!」
posted by modoki at 22:18| Comment(0) | TrackBack(2) | 目指せ!甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

春のセンバツ前半を終えて・・

センバツ大会も1回戦を終え、全チームが甲子園の土を踏みました。前半を振り返ってみると1回戦を勝ち抜いた16チームは東北1・関東4・中部2・北信越1・近畿4・中国1・四国1・九州2とほぼ全国に分散しました。

有力と言われた高校が順当に勝ちあがる中で話題の八重山商工や新潟県勢として日本文理がセンバツ初勝利を挙がるなど、2回戦以降もなかなか面白いカードが続きます。

そんな中で上位に食い込んできそうな学校を改めて予想してみると智弁和歌山、横浜、東海大相模・PL学園が頭1つ抜けていてベスト4最有力かな〜と思ってます。それに続くのが早稲田実、岐阜城北、秋田商、清峰といったところでしょうか?
ダークホースとしては八重山商工、北大津、日本文理あたりが勝ち進むと盛り上がりそうですね。

さて明日からの後半戦、どんなドラマが繰り広げられるか楽しみですね!
今日はこの辺で・・

「球春が 桜前線 刺激する」
posted by modoki at 22:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 目指せ!甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

東海大相模が京都外大西を下す!

センバツ4日目。
kumiawase4.jpg
この日の注目は第3試合の東海大相模と京都外大西の対戦。この組み合わせは神奈川対京都ということになりますが、昨夏も神奈川代表の桐光学園と京都外大西が3回戦で対戦しました。この時の京都外大西は、北岡君から本田君という必勝リレーを持ち、2回戦で今大会にも出場している関西を6点差から逆転した勢いで同じく山室君から石渡君という2枚看板を持ち予選から6試合連続逆転勝ちで勝ち進み「逆転の桐光」と言われた桐光学園を下し、そのまま勢いに乗って準優勝まで駆け上がったんですよね。

今大会も北岡君と本田君を含めて準優勝メンバーが数多く残り優勝候補にも挙げられてましたが今日の東海大相模戦は、北岡君をリリーフした本田君がピリッとせず相模打線につかまり、1−4の敗戦で1回戦で姿を消しました。
sagami.jpg
勝った東海大相模はエースの高山君ではなく秋の大会でほとんど投げていないという長谷川君の先発でしたが、気迫のこもったピッチングで終盤まで抑え込み、最後は高山君が締めていい形で勝ち上がりました。

最近の甲子園大会を見ていると柱になる投手を二人揃えないとなかなか上位には行けません。
そいうう意味で日本一の激戦区である神奈川を勝ち抜く為のチームづくりが生きているのかもしれませんね。
横浜とのアベック快進撃を予感させる東海大相模の勝ち方でした!
故郷の北海道代表2校が敗れてしまって、あとは神奈川代表2校に期待してます!

「神奈川の 2校で決勝 見てみたい」
 
posted by modoki at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 目指せ!甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道勢に苦難の一日・・・

センバツ大会3日目。快晴の甲子園球場へ行ってきました!昨夏の大会以来、7ヶ月振りの甲子園でしたが、やはりライブはいいものです!
koshien.jpg
さて、北海道の2校を応援する為に3塁側アルプスに陣取ってワクワクしながら迎えた第2試合の早稲田実−北海道栄戦。相手は18年振りとはいえ、東京代表の伝統校。1塁側のアルプス席は試合開始前から統率の取れたワセダカラーの応援体制と神宮の6大学と勘違いしそうなオリジナルブラバンの見事な演奏。
対する北海道栄はというと、慣れない応援で応援団の配置に時間がかかりましたが、早稲田に負けじ!とスクールカラーのオレンジ一色に染まりました。

試合の方は1回の攻防が明暗を分けました。道栄の浮き足立つ立ち上がりを見逃さずに先制点を挙げた早実。道栄も1回裏に一死満塁のチャンスを作りましたが、早実の斉藤君の落ち着いた投球で後続を絶たれました。その後、早実は道栄の細かなミスを見逃さず、6安打で7点という効率の良い攻めで栄を4安打完封で下しました。

得点ほどの差があるとは思わなかったけど、気がついたら7点取られてたといった感じで早実のソツのない野球が印象的でした。

続く第3試合!このままではストレスが溜まったままなので、一緒に行った会社の同僚とアルプス席の更に前の席へ乗り込みメガホンを拝借してスタンディング応援態勢で旭川実−北大津戦に臨みました。
asahikawa.jpg
北大津は、昨秋の近畿大会で大阪桐蔭を延長の末勝利したことが選抜の選出に印象が強かったと思うのですがその大阪桐蔭戦を私は大阪の舞州スタジアムで見ていました。
本当に高校生らしいチームで左腕の変則的な投げ方をする真田君と4番の有吉君が印象に残ってました。この北大津に北海道大会で駒大苫小牧と接戦を演じた旭川実がどう挑むかに注目しましたが、結果は真田君の前に翻弄され、有吉君にも2安打を打たれ最終回に連打で粘りを見せたものの1−2の惜敗。残念ながら北海道2校は初戦で姿を消しました。

両チームとも相手校との力の差は感じなかったけど、ここぞと言う場面での一打が出なかったのと守りの差出たという駒大苫小牧が台頭してくる前の北海道代表校という印象でした。駒大苫小牧に続く全国に通用するチームが出てくることを期待したいと思います!

それから、室蘭で行われたコンサドーレ札幌と横浜FCの一戦。こちらも0−1で敗戦。決定力不足で今季初の連敗となってしまいました・・
ホームでも早く結果を出さないとそろそろサポーターの不満が爆発するかも?

厄日の一句
「南北で 試練の一日 北海道」
posted by modoki at 00:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 目指せ!甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

センバツ2日目 横浜と八重山商工が勝利

選抜大会2日目。注目の横浜-履正社戦は戦前の予想に反して投手戦となり、6回に先制した1点をエースの川角君が2安打完封の好投で守り切り横浜が1-0で勝利しました!
yokohama.jpg
攻撃で細かなミスもあったようですが、初戦は勝つことが大事。今日は川角君につきるでしょう。この川角君、昨秋の神奈川大会で見ましたけど決して打てない感じではないのだけれど丁寧な投球だったという印象があります。ひと冬越して更に投球術に磨きがかかったようですね。

さて、そしてこの横浜に2回戦で挑むことになったのが注目の日本最南端離島から出場の八重山商工となりました!
この日の相手は昨夏の甲子園経験者8人が残る高岡商でしたが、エースの大嶺君が前評判通りのピッチングを見せ、17奪三振を奪い5-2で甲子園の初陣を飾りました。
悔やまれるのは5回の高岡商の攻撃で八重山商工のミスをつけこみ2−3の1点差に迫った後、二死満塁からのセンター前ヒットで逆転かと思われたのが2塁走者が3塁ベース踏み忘れたらしくアピールプレイで3塁ホースアウトとなり、得点が取り消されたことです。(ちなみに3塁塁審はボブ・デービッドソンではないようです)これで完全に流れは八重山商工に行ってしまったのでしょうね。

さてさて、明日からはようやくTV観戦が出来る!とワクワクしていたのですが、週明けに大阪出張が入りました。
と言うことは?・・ムフフ明日から先に大阪に入ってればいい訳だ!そういうことで、明日は私の故郷、北海道代表2校を本物のアルプススタンドで応援してきます!

ムフフな一句
「出張で たまには良いこと あるもんだ」
posted by modoki at 19:51| Comment(1) | TrackBack(2) | 目指せ!甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

春!センバツ開幕!

第78回選抜高校野球大会が今日から開幕しました!
例年、選抜大会は夏の選手権に比べて若干盛り上がりに欠けますが、今年は直前まで開催されたWBC効果もあって盛り上がりそうですね。
さてさて、夏春連覇の期待があった駒大苫小牧の辞退は本当に残念ですが、センバツ優勝経験校が6校も出場している(PL学園・早稲田実・智弁和歌山・横浜・東海大相模・岡山東商)ことや注目の新鋭校もあり、熱戦が期待されます。

第一日目は開幕カードで神港学園が南陽工を4-0、第二試合は成田が小松島を3−0、第三試合は優勝候補の智弁和歌山が伊万里商を4−0といずれも完封ゲームで2回戦へ駒を進めました。
narita.jpg
WBCも良かったですが、やはり高校生が一途に白球を追う姿、金属バットの心地よい音、アルプススタンドでの華やかな応援。やっぱり好きなんだよなぁ〜。日中はTVも見れないので週末が待ちどおしいです!

明日は、一回戦屈指の好カード!横浜-履正社。更に離島挙げての応援と伸び伸びした野球が注目される八重山商工が登場します!

「週末は 高校球児に 首ったけ」
posted by modoki at 21:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 目指せ!甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

センバツ組み合わせ決定!

さてさて、今日は昼からWBCでのメキシコ戦の勝利に沸いてる訳ですが、その一方で第78回選抜高校野球大会(甲子園球場)の組み合わせ抽選会が行われました。
組み合わせ表を眺めながら北海道生まれの横浜在住者として、かなりのひいき目でみたベスト8ゾーンでの有力校予想をしてみました

まず、最初のブロックですが、秋の関東大会を制した成田が有力。
第2ブロックは秋の近畿大会準優勝の智弁和歌山

第3ブロックでは、1回戦屈指のカード、川角君を有する横浜と近畿大会を制した履正社がいきなり激突ということでここの勝者が勝ち抜くでしょう
第4ブロックは難しいなぁ・・ダース投手を有する関西と東京大会優勝で久々の出場となる早実が有力だと思いますが、、駒大苫小牧の辞退によって出場となった北海道栄も駒大苫小牧と同じ胆振地区の代表として意地を見せて欲しい!

続いて第5ブロックは駒大苫小牧と秋の北海道大会で1点差の好ゲームを演じた旭川実を道産子としては応援したい。対戦相手となる北大津の試合を秋に観戦しましたが、高校生らしい好感が持てるチームで大阪桐蔭を接戦で破った時の喜びようが目に焼きついているので応援ているチームです。
第6ブロックは強豪が集まりました。昨年の夏に旋風を巻き起こし秋の九州大会も制した清峰、激戦区神奈川代表の東海大相模、昨夏の全国準優勝でエース北岡君が残る京都外大西。どこが来てもおかしくないですが昨夏に神奈川代表の桐光学園が京都外大西に敗れたので東海大相模を応援したいです。

第7ブロックですが、ここはもうPL学園でしょう!
最後の第8ブロックは東北を制した秋田商に頑張って貰いたいです。

さてさてどんなドラマが起きるのか!23日の開幕が待ち遠しいです!

「センバツの ハツラツプレーが 春を呼ぶ」
posted by modoki at 20:38| Comment(2) | TrackBack(10) | 目指せ!甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

駒大苫小牧が・・・

今日は朝一番にショッキングな報道を耳に入ってきました。
昨夏の甲子園、秋の国体、神宮大会を制し、今月末から開幕する選抜大会にも出場が決まっていた駒大苫小牧で、またしても不祥事が起きてしまったとのこと(3年生部員も含む卒業式後の飲酒、喫煙)。

夏の大会後には前部長の暴力があってチーム内には気を引き締めて夏春連覇、更には夏の大会三連覇の快挙へ向けてへ一丸となっていたはず。それを連覇の中心選手であった3年生が台無しにしてしまい本当に残念です。

実は私は苫小牧市出身で高校も苫小牧でした(駒大ではありません)。大きな声では言えませんが、私も高校の卒業式後は居酒屋へクラスメートと繰り出しました。私に限らず、多くの卒業生も同じような行動をとっていたと思います。それには、卒業してホッとした気持ちや大人になって背伸びをしたい気持ちなどが混ざりあってやっていることでした。だから今回補導された彼らの気持ちも分かります。

でも、これだけ全国的に有名になった「駒大苫小牧の野球部」という看板を背負っていることを認識出来なかった、またさせてあげられなかった大人の責任もあるような気がします。

この不祥事で、当然選抜出場は辞退か高野連からの出場停止処分になってしまうだろうし、監督以下チームスタッフも辞職せざるを得ないでしょう。本当に残念です。該当する3年生も「後輩達や監督へ取り返しのつかない迷惑をかけてしまった」と大きなショックを受けていることでしょう。

小さな出来心が大きな後悔をつくってしまいましたが、強豪になってもまだまだ脇が甘いということ。今回の件を踏み台として捉えて再び甲子園に戻ってきて駒大苫小牧野球が観れることを高校野球ファンとしてそして苫小牧出身者として願ってます。
負けるな!ガンバレ!


辛い一句・・・
「君達の 帰りを待ってる 甲子園」
posted by modoki at 18:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 目指せ!甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。