2006年04月04日

横浜が清峰に勝ち8年振り頂点へ!

春のセンバツ大会決勝が4日阪神甲子園球場で行われ、横浜が長崎県勢として春夏を通して初めて決勝へ進んだ清峰21−0という大差で下しました。
yokohama.jpg
今大会の横浜は1回戦で昨秋の近畿大会を制した履正社を1−0、2回戦では離島からの代表として話題となった八重山商工に終盤に追い上げられるも7−6と苦しみながら勝ち進んだが準々決勝以降はエース川角君とリリーフの浦川君の安定したピッチングと本来の調子を取り戻した福田君を中心とした繋がりのある打撃で危なげなく勝ち進んだ。

一方の清峰は初出場ながらエースの有迫君を中心とした守りとここ一番でのシャープな打撃で甲子園優勝経験校である岡山東商、東海大相模、PL学園という強豪を次々と下す快進撃で横浜に挑みましたが力及ばず・・
しかしながら昨夏の古川君を中心としたチーム以上のインパクトを我々に与えました。

今大会を振り返ると1、2回戦は投手戦や1点差の僅差のゲームが多かったのですが、準々決勝以降は点差が開く大味なゲームが多い大会となりました。

それにしても準々決勝以降の横浜の爆発ぶりはもの凄いですね。
各校の力の差は得点差ほどはないと思いますが、高校生はちょっとしたきっかけで想像以上の力を発揮するということを改めて認識した大会でした。

横浜が優勝したことで夏の大会に向けて神奈川県内の有力各校のマークは厳しいものになるでしょう。神奈川は今大会に出場した横浜、東海大相模以外にも桐蔭学園、桐光学園、慶應、横浜商大など有力校が目白押しで春の甲子園で優勝しても夏の予選大会を勝ち抜くのは容易なことではありません

まずは夏のシードを目指して来週から春の県大会が始まるので、横浜・東海大相模の甲子園組がどういう戦いをするのか注目したいと思います!

「伝統が 新進気鋭を 一概す!」
posted by modoki at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 目指せ!甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。