2006年03月26日

東海大相模が京都外大西を下す!

センバツ4日目。
kumiawase4.jpg
この日の注目は第3試合の東海大相模と京都外大西の対戦。この組み合わせは神奈川対京都ということになりますが、昨夏も神奈川代表の桐光学園と京都外大西が3回戦で対戦しました。この時の京都外大西は、北岡君から本田君という必勝リレーを持ち、2回戦で今大会にも出場している関西を6点差から逆転した勢いで同じく山室君から石渡君という2枚看板を持ち予選から6試合連続逆転勝ちで勝ち進み「逆転の桐光」と言われた桐光学園を下し、そのまま勢いに乗って準優勝まで駆け上がったんですよね。

今大会も北岡君と本田君を含めて準優勝メンバーが数多く残り優勝候補にも挙げられてましたが今日の東海大相模戦は、北岡君をリリーフした本田君がピリッとせず相模打線につかまり、1−4の敗戦で1回戦で姿を消しました。
sagami.jpg
勝った東海大相模はエースの高山君ではなく秋の大会でほとんど投げていないという長谷川君の先発でしたが、気迫のこもったピッチングで終盤まで抑え込み、最後は高山君が締めていい形で勝ち上がりました。

最近の甲子園大会を見ていると柱になる投手を二人揃えないとなかなか上位には行けません。
そいうう意味で日本一の激戦区である神奈川を勝ち抜く為のチームづくりが生きているのかもしれませんね。
横浜とのアベック快進撃を予感させる東海大相模の勝ち方でした!
故郷の北海道代表2校が敗れてしまって、あとは神奈川代表2校に期待してます!

「神奈川の 2校で決勝 見てみたい」
 
posted by modoki at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 目指せ!甲子園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。