2006年03月13日

WBCに苦言!

いよいよWBCの二次予選リーグが始まりました。プール1の日本は初戦でアメリカと対戦。イチローの先頭打者ホームラン、川崎のタイムリーで先行しましたが、6回にアメリカに追いつかれて9回サヨナラで3−4で初戦を落としました。

で、この試合で問題となっているのが8回のタッチアップの件。確かにVTRで見る限り明らかな誤審であり、せっかくの好ゲームを台無しにしました。でも私がそれ以上に言いたいのはこの誤審の問題より大会の審判団の件。

何でも、今大会の審判団はメジャーリーグではなく、マイナーリーグの担当審判らしいのです。これってどうなんでしょう?サッカーに例えると一国の2部リーグの審判がワールドカップの審判をやるようなものですよ!ここに問題があると思うんですよね。

それと、大会のシステムにも一言!二次リーグで対戦したチーム同士で何故、再び準決勝をやるのか!
移動によるコンデションの問題か運営コストの問題か知りませんが、普通は異なるグループとのたすき掛け(1位×2位)ですよね。この大会の方法だとへたすりゃ、1次・2次・準決勝と同じチームと3度対戦することになるのですよ。ファンはいろいろな国との対戦を観てみたいし、そうやって世界一を決めて欲しい!

大会が予想以上の盛り上がっているだけに次回は選手も審判も事務局も一流を目指して真の世界一を競う大会にして欲しいものです。

今日の一句
「一流の 審判あっての 世界一!」
posted by modoki at 23:33| Comment(0) | TrackBack(2) | その他スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

WBC2次ラウンドvsアメリカ戦
Excerpt: もう、悔しいっっo(><)o 見ましたか?見ましたか?見ましたか? もう、私なんて、朝からずっと悔しくて悔しくて。 西岡のタッチアップは絶対セーフですっ!!! 結果的には日本は3−4で..
Weblog: ちみちみコラム
Tracked: 2006-03-14 00:08

愚劣なホームタウンディシジョン! アメリカ相手に悪夢のサヨナラ負け!
Excerpt:  いよいよ始まったWBC2次リーグ。初戦の相手はまさかの2位進出同士となったアメリカ。鈴木一朗が川相不在では一発に賭けるしかないとばかりにらしくないバッティングでいきなり先頭打者アーチを放つなど、3回..
Weblog: ANQ Ritzberry Fields
Tracked: 2006-03-14 23:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。